1. TOP
  2. 自動車と自動車の交通事故
  3. 追突事故でむち打ち(斜め後ろから)、その慰謝料は?

追突事故でむち打ち(斜め後ろから)、その慰謝料は?

 2018/09/03 自動車と自動車の交通事故
この記事は約 3 分で読めます。 1,096 Views

追突事故でむち打ち(斜め後ろから)、その慰謝料は?

交通事故現場は群馬県藤岡市、同市在住・30代女性の事故

今年の4月頭ぐらいにはじめて、交通事故に遭いました。

保育園に送迎した子供が嘔吐したため、保育園から迎えにきてほしいという電話がきて、迎えに行ってさぁこれから掛かりつけのお医者さんに連れていかなきゃという風に急いでいて、藤岡市の側道沿いを車で走っていました。

前方の信号が変わり始めて、前の車が減速したので私も減速しだした時に突然、左後方の横からドンって音がして車が横にながされました。
もう少し具体的に説明しますと、後続車は後続車なのですが本線に対して狭い道から合流してきた車に追突されました。

追突されて、私の車の向きが変わり減速はしていましたが車は止まってはいませんでした。
その勢いのまま並木に運転席側がぶつかり、その時歩道上に高校生の女の子が見えたので慌てて急いでハンドルをきり、さらにブレーキを踏んだので高校生の女の子にはぶつかったりやひかずに済みましが、その女の子は驚いたひょうしに自転車ごと転倒してしまいました。

私の後部座席のチャイルドシートに乗せていた子供たちは吹き飛ばされることはなく、無事でした。
私は運転席でシートベルトをしていましたが、体の右側を強くドアにぶつけましたし、運転席のドアがかなり中に入り込み窓ガラスも粉々で体中小さな切り傷がありました。

幸い大きな怪我は無かったですが、とてもジーンとしたのを今でも覚えています。
すぐに車から降りたかったけれども、運転席のドアは開きませんし、助手席に移動して早く子供の様子を確認したくてアタフタしている時に、追突してきた相手のおじさんがどうしよ、どうしよ、と車外で大きな声でおろおろしていたので、私も大きな声でドアを外から引っ張ってと言いました。

事故の目撃者が助手席のドアをなんとか開けてくれて車外にでられて、後部座席の子供の無事を確認しました。
子供のビックリした顔をしていましたが、大きな怪我はありませんでした。

とりあえず、すぐに警察に電話をしてすぐにきてもらいました。
相手の方は自分がまったく前を見ていなかったと、すぐに自分の非を認めてくれたので、お互いに保険会社に連絡したりして、あとはスムーズに出来るのだと思っていました。

ですが、甘かったです。
事故相手の保険会社がJAだったので、対応は鈍くこちらの保険会社に対して私が無理に詰めていたんじゃないのか等、なんとか私の方にも過失が有るような事ばかり言ってくるのです。

事故当日の警察への説明も過失は全て自分に有ると言っていたにも関わらずにですよ。
私の車は廃車になり、代替車としてレンタカーが支給されましたが、何をするにも本当に対応が鈍かったです。

過失割合もこちらが交通事故弁護士に依頼するまで本当に時間がかかりました。
もっと早くに専門家に依頼すべきでした、慰謝料の支払い等は半年近く経ってからだったのでかなり遅いと感じました。

また、事故に遭うと特に保険会社の人が疑うような口ぶりだったのを覚えています。
色々な意味でいい思いはしませんでした。

弁護士に依頼してなんとか慰謝料も支払っていただけ、相手も責任を認めて10対0

オススメはこちら >> 交通事故弁護士ランキングベスト5

\ SNSでシェアしよう! /

交通事故の弁護士の評判は?交通事故慰謝料・弁護士費用の相場のまとめの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

交通事故の弁護士の評判は?交通事故慰謝料・弁護士費用の相場のまとめの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kentaro

kentaro

法律事務所で様々な交通事故の後遺症損害賠償案件に携わってきた経験あり。数々の損害賠償示談交渉、訴訟を前提にした相談・事件処理の裏事情に詳しいため、交通事故に強い弁護士を選ぶ見識力は他のサイトの追随を許さないと自負している。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 東京と全国の交通事故に強いオススメ弁護士!慰謝料相場~過失割合の勝ち取り

  • バイクと車の交通事故・実例集!

  • バイクとバイクの交通事故・実例!

  • T字路で直進自転車と一旦停止無視の無保険車による事故、その過失割合と示談金は?

関連記事

  • 自動車と自動車の交差点・交通事故

  • 急な車線変更による巻き込み事故、その過失割合は?